MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA
BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > 12/15(日) 京都ハンナリーズ vs. 宇都宮ブレックス ゲームレポート

12/15(日) 京都ハンナリーズ vs. 宇都宮ブレックス ゲームレポート

 

ゲームレポート

1Q
得点に苦しむも我慢して守り、13-8で1Q終了

#4 ギブスの得点で先制するも、なかなかシュートを決めきれず、京都にリードされる展開。
しかし、ディフェンスから流れを変えるとトランジションからの得点で逆転。
得点にも苦しんだものの我慢して守り、13-8で1Q終了。

''
2Q
#10 竹内の4点プレーなどでリードを広げ、40-27で前半終了

#30 山崎と#21 橋本の3Pシュート、そして#10 竹内がファールを受けながらも3Pシュートを決める4Pプレーでリードを広げる。
京都に連続得点を許す時間帯があるも、#22 ロシター、#6 比江島らが得点し流れを渡さず、40-27で前半終了。

''
3Q
11-0のランや堅守で失点を抑え、大量リードで最終クォーターへ

ブレックスは11-0のランで一気にリードを広げると、ボールをしっかりと回し#13 渡邉を起点に加点。
失点を9に抑え、大きくリードを広げて63-36で最終クォーターへ。

''
4Q
ブレックス10連勝!

#11 田原がアグレッシブにプレーし、アウトサイドから得点。
京都の外国籍選手に得点を許すも、78-58で勝利し、アウェーで京都に連勝。
ブレックスはこれで10連勝!

''

1戦1戦、集中力を持ってプレーしていきたい

 
PF/C

ジェフ・ギブス

「昨日のゲームを踏まえて、今日はしっかりスタートから自分たちに良い流れを持ってきて、プレーしたかった。
相手に流れを持っていかれる時間帯もあったが、全体的には良い試合だったと思う。
コートに立った時は、常に全開のエナジーを出してプレーしたいと思っている、2試合連続でダブルダブルのパフォーマンスができ、自分のコンディションが良くなってきているのではないかと思う。
(次節に関して)個人のスタッツは気にしていない。
三遠は外国籍選手が変わり、チームの状況も変わってきていて簡単な相手ではないので、1戦1戦、集中力を持ってプレーしていきたい。」

アグレッシブなプレーを続けていきたい

 
PG/SG

田原 隆徳

「京都を相手に連勝する事ができていなかったので、連勝できて良かった。
個人的にはアグレッシブにはプレーできたが、ミスもあったので、アグレッシブさを持ちながら、ミス無くガードとしてゲームメイクしていきたい。
(次節に関して)三遠は外国籍選手が変わって、侮れないチームだと思うので、また気を引き締めて自分たちのプレーをしていきたい。
個人的には変わらず、アグレッシブなプレーを続けていきたい。」

相手、云々では無く、己に勝つ事が一番大事

 
PG

渡邉 裕規

「昨日の試合の経験を生かし、次節以降につながるゲームができたことは良かった。
連勝の記録自体は意識していない。
年内の試合を一つ一つ勝ちきれれば良いと思っている。
今節の勝利を無駄にしないように来週の試合も大事に戦っていきたい。
(次節に向けて)今日のようなプレーをしていきたいし、日によってプレーの強度が変わってはいけないと思う。
どこが相手だろうと自分たちのバスケットをやれば勝てると思う。
一つ一つ自分たちのやるべき事、やらなきゃいけない事を確認しながらやっていきたい。
相手、云々では無く、己に勝つ事が一番大事だと思う。」

状況に応じたプレーをやっていきたい

 
PG

鵤 誠司

「ディフェンスもオフェンスもある程度、自分たちのやりたい事ができた思う。
今日で10連勝できたが、まだまだ連勝を伸ばせるようにチーム一丸となってこれからも戦っていきたい。
(次節に関して)ホームで負けられないので、連勝を伸ばせるように戦っていく。
個人的には、臨機応変に状況に応じたプレーをやっていきたい。」

安齋HC コメント動画

2019.12.15 京都ハンナリーズvs宇都宮ブレックス

B.LEAGUE第12節 GAME2Highlights

2019年12月15日(日) vs.京都 #4 ギブス選手 11得点、13リバウンド、2アシスト、2ブロックショット

2019-20シーズン Game20,21 2019年12月14日(土)、15(日) 京都戦ハイライト

ページトップへ