MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > 代表取締役 山谷拓志の退任に関するお知らせ

代表取締役 山谷拓志の退任に関するお知らせ

2013(平成25)年6月30日付にて、リンク栃木ブレックス/TGI・Dライズ運営会社である株式会社リンクスポーツエンターテインメントの代表取締役 山谷拓志(やまや たかし)が退任し、7月1日付で、一般社団法人日本バスケットボールリーグ(NBL)専務理事/COOに就任いたしましたので、お知らせいたします。
山谷拓志は2007(平成19)年1月に株式会社ドリームチームエンターテインメント栃木(現・株式会社リンクスポーツエンターテインメント)の代表取締役社長に就任し、 2009(平成21)年度から3年連続で黒字を達成しました。また、 2007-2008シーズンに栃木ブレックス(現・リンク栃木ブレックス)をJBL2優勝するとともにJBL昇格を果たしました。2009-2010シーズンにはチーム創立からわずか3シーズン目でJBL初優勝へと導き、日本トップリーグ連携機構が制定する「トップリーグトロフィー」を2年連続で受賞しました。

なお、山谷は7月1日(月)とちぎテレビ「ニュースワイド21(21:00~21:55)」に出演します。

山谷拓志氏のコメント

「2007年1月に社長に就任して以来6年半の間、栃木県の皆様、とりわけ応援頂いたファンの皆様、ご支援を頂きましたスポンサーやサプライヤーの皆様、メディア関係の皆様、行政の皆様、県バスケットボール協会やJBL/JBL2関係の皆様、そして会社を支えてくれたスタッフ、 何より選手たちには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからはリーグという立場に変わりますが、 バスケットボールや栃木県をはじめとするチームが属する地域を盛り上げたいという気持ちはこれまでと 変わりません。そしてリンク栃木ブレックスは、誰が経営者であろうともチームのDNAである 「Break Through」と「常に頂点を目指す」をこれからも体現してくれるものと信じています。
立場は変われど、宇都宮市民であることには変わりませんので、また街で見かけたらぜひお声掛けください。 今後とも新リーグ“NBL”共々よろしくお願いいたします!」

ページトップへ