MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA
BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > 8/24(日)プレシーズンゲーム vs大塚商会(NBDL) 試合レポート

8/24(日)プレシーズンゲーム vs大塚商会(NBDL) 試合レポート

2014/08/24(日)13:00TIP-OFF
会場:山形県総合運動公園(山形県天童市)

リンク栃木ブレックス
97
27 1P 22
大塚商会アルファーズ
74
22 2P 15
22 3P 13
26 4P 24

試合レポート

立ち上がり大塚商会に先制されるも、#25 古川、#9 遠藤の3Pシュートなどでリードし、1ピリオド終了前には#27 熊谷がダンク。
2ピリオドにもファーストブレイクで#9 遠藤のアシストから#27 熊谷がダンクを決め、ブレックスがリードを保ちます。
後半、ブレックスはディフェンスのプレッシャーを強め、#24 ブレントンのアシストから加点。
最終ピリオドには#27 熊谷がドライブからこの日3本目となるダンクを豪快に決め97-74でブレックスが勝利。
#9 遠藤、#27 熊谷は2ゲーム連続の2桁得点。ルーキー#11 須田も2桁得点の活躍を見せてくれました。

主なスタッツ

  • #27 熊谷 20PTS
  • #25 古川 16PTS
  • #11 須田 14PTS
  • #9 遠藤 13PTS

トーマス・ウィスマンHCコメント

「まだ全員メンバーも揃ってなくシーズン開始まで時間があるので、この試合はいくつか基本的なコンセプトを選手達に紹介してそれを少しずつチームに順応させていくためのゲームで、その点では良いゲームとなった。
若手の選手達がしっかりと走って、フィジカルにそしてアグレッシブにプレーする部分を見せてくれたので良かった。
熊谷選手はとてもよかったし、遠藤選手もこの2試合通してシュートを決めてくれた。若手の選手達がよく頑張ってくれた。
今日、昨日のゲームでは、まだ自分が目指すバスケを見せられていないが、シーズンに向けてオフェンスに関しては積極的にリングにアタックし、ディフェンスもしっかりプレッシャーをかけてアグレッシブに守るバスケットを創りあげていきたい。」

#11 須田侑太郎選手コメント

「出場したら、まずディフェンスを頑張ろうと思っていた。ディフェンスからオフェンスも良いリズムになっていったと思う。
自分がやらなければいけない事が再確認できたゲームになった。やる事を一つに絞っていたので、昨日よりは落ち着いてプレーできた。」

#27 熊谷尚也選手コメント

「点差は22点つけられる事ができたが、抑えられるべき場面での失点がたくさんあったので、もっと点差を広げて勝てた試合だったと思う。
良かった部分は、ファーストブレイクで5人全員がしっかり走れた事。
良くなかった部分は、ターンオーバーをはじめとするミスやコミュニケーション不足の部分。
昨シーズンまでは、ハーフコートでピックアンドロールを多用し、ボールを良く回して攻めるスタイルだったが、
今シーズンのブレックスは、オールコートで全員が走ってゴールを狙いにいくというスタイル。
まだチームとして模索をしている途中で完成にはほど遠い。」

ページトップへ