MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA
BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > 12/23(火祝)Game23 vs東芝神奈川

12/23(火祝)Game23 vs東芝神奈川

2014/12/23(火祝)15:00TIP-OFF
会場:ブレックスアリーナ宇都宮
21 1P 20
18 2P 9
12  3P 13
29 4P 23

観衆:2352人

試合レポート

1ピリオド、#0 田臥の3Pシュート、#24 ブレントンのバスケットカウントなどでリズムを掴みますが、東芝神奈川#22 ファジーカスらに得点されて21-20で1ピリオドを終了します。

2ピリオド、東芝神奈川 #24 大西の3Pシュートで逆転を許しますが、#13 渡邉の3Pシュート、#7 バローンのフォロー、 #9 遠藤のレイアップなどでリードを奪い返し、終了間際には#32 ロシターが3Pシュートを沈め39-29で前半を終了します。

3ピリオド、#25 古川の2本の3Pシュート、#24 ブレントンのインサイド、#7 バローンのドライブイン、粘り強いディフェンスで、51-42とリードを保ちます。

4ピリオド、#32 ロシターのミドル、スティールから#7 バローンのレイアップ、#25 古川の3Pシュートなどの猛攻を見せて、また堅守で東芝神奈川の得点を防ぎ、80-65で快勝しました。これで7連勝です。

主なスタッツ

  • #25 古川 19PTS
  • #32 ロシター 14PTS、13R、3ST
  • #7 バローン 13PTS、13R
  • #24 ブレントン 12PTS
  • #0 田臥 6PTS、8AS

詳しいSTATSはこちら

ヘッドコーチ・選手コメント

トーマス・ウィスマンHC

「とてもいい試合だった。自分達は、良いプレーをしなければいけないと感じながらゲームに入る事ができた。

東芝神奈川は昨シーズンのチャンピオンチームであるし、タフな試合になることは始めから分かっていた。この厳しいチャレンジを自分達もしっかりと受け止めて、そのチャレンジに応えられるように臨んだ試合で、その結果、勝利できて良かったと思っている。

前半はリバウンドの数で東芝神奈川に負けていたが、後半に選手達がリバウンドをしっかりと頑張ってくれた結果、結果的にリバウンドの数で上回る事ができた。最後までしっかり集中できていたと思う。

#32 ロシター選手は、胃腸炎で昨日の練習と今朝の練習を休まなければいけないような状況だったが、そんな中でも試合に出場できるように準備して、これだけのプレーをしてくれた。」

トーマス・ウィスマンHC

#0 田臥勇太選手

「(ディフェンスに関して)
得点源の選手をマークしている選手はもちろん、チーム全員でタフにプレーさせた事が相手のシュート確率を低くする事につながった。苦しい時間帯もあったが、集中力を切らさずにリバウンドを全員で頑張って、走ってという自分達のバスケットが出来た事が大きかった。 

(#32 ロシター選手の体調不良に関して)
前回のつくば戦で自分も体調を崩して試合に出場できない事があったが、そこで他の選手達がしっかり仕事をしてくれた。長いシーズンの中で怪我や体調不良などのアクシデントはあるので、そこでいかに全員で穴を埋められるかが、強いチームになっていくには非常に大切。今日は、大治がスタメンで出場してしっかり仕事をしてくれたし、ベンチから出てきた選手も仕事をしてくれた。全員でカバーをして層を厚くしていけば、もっと強いチームになれるチャンスはあると思う。」

田臥勇太選手

#7 カイル・バローン選手

「今日の一戦は、自分達にとって意味の大きい重要な試合だった。今季の対戦成績が2勝2敗の東芝神奈川と、どちらが勝ち越せるかという非常に大きな試合だった。最後、しっかりと勝ちきる事ができたので、チームとしても自信になったと思う。そういった意味でも重要なゲームになった。

(13得点、13リバウンドのダブルダブルの活躍だったが?)
自分のプレーでチームの勝利に貢献できて非常に嬉しく思う。

(10日間で5試合のタイトなスケジュール関して)
試合の間でメンタルの部分でも体力的な部分でもいかに休息を効率良く取るかが大事になってくる。しっかりと次の試合の準備をしたい。」

カイル・バローン選手

#25 古川孝敏選手

「(チームハイの19得点の活躍)
数字を残せているのは、良かったと思っているが、相手の得点を抑えられた事が大きかった。東芝神奈川は、非常に良い選手が多い中で失点を65に抑える事ができて、なおかつ自分達が得点できた事がポイントになった。失点をいかに抑えるかを重視していた。相手の3Pシュートも抑える事ができた。

(#14 辻選手のディフェンスに関して)
東芝神奈川にはインサイドに#22 ファジーカス選手がいて、彼のインサイドでの得点はもちろんだが、他の選手のアウトサイドのシュートが入ってくるとチームとして乗ってくるので、まずは#14 辻選手に簡単にシュートを打たせたくないという気持ちが強かった。」

古川孝敏選手

次回の試合

日付
12月27日(土)・28日(日)
対戦相手
vsトヨタ自動車アルバルク東京【HOME】
会場
鹿沼総合体育館フォレストアリーナ
ページトップへ