MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA
BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > NBL2014-2015 第12節 試合前日の選手コメント

NBL2014-2015 第12節 試合前日の選手コメント

リンク栃木ブレックスは12月23日(火祝)にブレックスアリーナ宇都宮で東芝ブレイブサンダース神奈川と対戦します。ブレックスは本日、会場内で練習し、最終調整をしました。昨季王者の東芝神奈川との今季の対戦成績は、ここまで2勝2敗となっており、2014年に宇都宮市で開催する最後のホームゲームとなる今回の対戦は、前半戦を締め括るにあたっても非常に重要な試合となります。

以下、ヘッドコーチ・選手のコメントです。

トーマス・ウィスマンHCコメント

「明日は我々にとって、とても重要なゲーム。今季のここまでの東芝神奈川との対戦成績は、2勝2敗で次の1戦で同チームとの対戦戦績で勝ち越す事が出来る。今シーズンの開幕戦でアウェイで東芝神奈川に連勝をして、次に自分達のホームで連敗をしてしまっている。選手達もしっかり気持ちが入っていると思う。ファンの皆さんも最大限サポートしてくれると思うので、明日の大事な一戦をブレックスアリーナ宇都宮で戦える事を嬉しく思う。」

トーマス・ウィスマンHC

#9 遠藤祐亮選手コメント

「(#14 辻選手に関して)
シューターなので、まずシュートを打たせない事を意識して、打たれたとしてもタフショットを打たせるようなディフェンスを心がけたい。入りだしたら止まらないと思うので、タイトなディフェンスをしてチームに貢献したい。

現在、東芝神奈川との対戦は2勝2敗で、明日のゲームに勝つか負けるかで大きく変わってくる。皆、疲労はあると思うが、気持ちで負けないようにハードにやっていく。」

遠藤祐亮選手
ページトップへ