MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA BREX

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > チーム名称変更のお知らせ

チーム名称変更のお知らせ

当チームは、これまで「リンク栃木ブレックス」のチーム名で活動をしてまいりましたが、急成長するバスケットボール界やB.LEAGUEにおいて、「日本バスケットボール界をリードするチーム」というビジョンを掲げるチームとして、今後更に成長していくことを目的とし、2019-20シーズンよりチーム名称を「宇都宮ブレックス」に変更する運びとなりましたのでご報告いたします。

2019-20シーズンからのチーム名称

正式名称:宇都宮ブレックス
呼称:宇都宮ブレックス
略称:宇都宮

2019-20シーズンからのチームロゴ

チーム名称変更に伴い、以下の通り、チームロゴの変更をいたします。
UTSUNOMIYA BREX Primary logo
Primary logo
UTSUNOMIYA BREX Secondary logo
Secondary logo

チーム名称変更の背景

ブレックスはこれまでも宇都宮をホームタウンとして活動してきましたが、これまで以上に宇都宮という地域にフォーカスするとともに、宇都宮市との関係を強化していくことを目的とし、チーム名称を「宇都宮ブレックス」に変更することを決定いたしました。

また、先般、B.LEAGUEからBEYOND 2020と題した将来構想が発表され、その中で2026年からリーグ形態を大きく改革する方針が示されました。2026年からの新たなリーグ形態においては、戦績による昇降格制度は廃止となり、クラブライセンス基準が引き上げられ、新B1への参入審査が2024年3月に予定されております。新B1クラブライセンス基準の中では、「売上高12億円」、「入場者数4,000人」といった数値的基準が示されているのと共に、特に強調されているのが、「アリーナハードソフト要件」で、「“魅せる”アリーナ」、「ホスピタリティ性の高いアリーナ」、「自由に使えるアリーナ」等のキーワードがあげられ、「ソフト・ハードの一体経営」が明確に求められております。

ブレックスとしても新B1への参入要件を満たすために、チーム自体の成長はもちろんのこと、ホームアリーナを含めた活動環境面の改革にも着手していきたいと考えております。そして、活動環境の整備においては、自治体との関係構築が必要不可欠となり、今後宇都宮市との関係強化が欠かせない要素となってまいります。

なお、チーム名称は宇都宮ブレックスに変更いたしますが、フランチャイズエリア(活動区域)はこれまで通り「栃木県」とし、運営法人名も「株式会社栃木ブレックス」と従来通りとし、今まで以上に栃木県全体の活性化に貢献できるよう、努力していく考えです。 

これからも、宇都宮ブレックスは、「強く愛されるモチベーションあふれるチーム」という理念のもと、「日本バスケットボール界をリードするチーム」、「地域密着で栃木県を元気にして盛り上げるチーム」、「非日常のアリーナエンターテインメントを提供するチーム」というビジョンを実現するため、選手・スタッフ一同、気持ちを新たにファンやステークホルダーの皆様のご支援・ご声援に報いるべく、変わらず一意専心努力してまいります。

チーム名称・ロゴ 変更日

2019年7月8日

その他

アリーナ等の備品や設備、及びスタッフが着用するウェア等に、「栃木ブレックス」ロゴが印刷されたものが多数ございます。これらに関しては、段階的に、「宇都宮ブレックス」ロゴへと変更作業を行ってまいります。
ページトップへ