MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA
BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > 新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうごさいます。

日頃から多くのファンの皆様から応援を頂き、誠にありがとうございます。

2018-19シーズンは悔しい結果となりましたが、皆さまの応援のおかげで、チームとしてはスローガンの通り、成長し、昨シーズンよりも前進する事ができ、今シーズンへの布石となったシーズンになったのではないかと感じております。
5人制だけでなく、3人制バスケットボール3x3のチームであるUTSUNIMIYA BREX.EXEも活躍著しいシーズンとなりました。
初めて日本一を獲得、そして日本のクラブチームとしては初の世界大会ベスト4入りを果たしました。
さらに日本のバスケットボール界ではAKATSUKI FIVEの活躍により、バスケットボール男子日本代表のワールドカップ出場、東京オリンピックでの開催国枠での出場決定、NBAドラフト1巡目指名を受け、大活躍中の八村塁選手や当チーム所属である比江島慎選手の海外挑戦をする飽くなき向上心、またライアン・ロシター選手が日本国籍を取得した心意気も日本バスケット界が着実に成長出来ている証拠ではないかと感じております。

2019-20シーズンは昨シーズンをベースにチーム編成を行い、安斎HCのもと強いチームをつくる上で、今まで積み上げてきたものに磨きをかけて追及し、また新たなものを取り入れチーム内で活性化し、成長をし続ける事で、ここまで22勝4敗と東地区の首位をキープしております。
しかし、まだシーズンの約半分を消化したばかり、今シーズンのスローガンである「Grab it」の通り、一戦一戦、目の前の勝利を掴み取り、ファンの皆様の共感を生むような熱いプレーを続けて、3シーズン振りの王座奪還を掴み取りたいと思います!
是非、シーズン後半戦のブレックスの戦いにもご期待いただきたいと思います。

また、今シーズンもホームゲームに多くのファンの皆様にご来場頂き、昨シーズンに続きブレックスアリーナ宇都宮での最多観客動員数を更新し、平均観客動員数も現在ブレックス史上最多を維持しております。
引き続き、多くのファンの皆様のご期待に応えられるよう、運営においても新しいものをどんどん取り入れて快適な観戦空間が出来るようスタッフ一同、気を引き締めてまいります。

1月4日から始まるシーズン後半戦、天皇杯と激戦は続いていきますが、皆さまも一緒に戦って頂き、選手達の後押しを引き続き宜しくお願い申し上げます。

2020年も宇都宮ブレックスを何卒宜しくお願い申し上げます。

2020年元旦
株式会社栃木ブレックス
代表取締役社長 鎌田眞吾
鎌田眞吾

ページトップへ