MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA
BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > 安齋 竜三ヘッドコーチ、契約継続のお知らせ

安齋 竜三ヘッドコーチ、契約継続のお知らせ

この度、宇都宮ブレックスは安齋竜三ヘッドコーチとの2020-21シーズン契約が合意しましたのでお知らせいたします。

安齋氏は拓殖大学を卒業後、2007-08シーズンにブレックスに入団。
2008年にチームをJBL2優勝に導き、2008-09シーズンからはキャプテンを務め、2009-10シーズンのJBL優勝に貢献しました。
2013年に現役を引退してアシスタントコーチに就任し、2016-17シーズンのB.LEAGUE優勝の一役を担いました。
2017年11月10日よりヘッドコーチに就任し、2019-2020シーズンは31勝9敗で東地区2位の成績を残しました。

安齋ヘッドコーチコメント

「2020-21シーズンも宇都宮ブレックスのヘッドコーチをさせて頂く事になりました。 2019-20シーズンはコロナウイルスの影響により最後まで戦い抜く事が叶いませんでしたが、その気持ちも今シーズンに引き継いで戦って行きたいと思います。 2020-21シーズンもコロナウイルスの影響を受けることは予想されますが、また満員のブレックスアリーナでみなさんと共に戦えることを願っていますし、本当に楽しみにしています。 こういった状況下でも応援して頂いているスポンサーの方々、ファンの皆さんの想いに応えるためにも、フロント、チーム一丸となって2020-21シーズンのチャンピオンになる為に戦って行きます。」

安齋 竜三(ANZAI, Ryuzo)

生年月日 1980年11月10日
出身地 福島県
経歴 福島工業高校 → 拓殖大学
選手歴 2003-04 大倉三幸(関東実業団リーグ)
2004-05 大塚商会(日本リーグ)※新人王
2005-07 埼玉ブロンコス
2007-13 リンク栃木ブレックス(JBL2/JBL)
※2007-08 JBL2優勝
2009-10 JBL優勝
コーチ歴 2013-17 リンク栃木ブレックス(NBL / B.LEAGUE)アシスタントコーチ
※2016-17 B.LEAGUE優勝
2017-リンク栃木ブレックス / 宇都宮ブレックス(B.LEAGUE)ヘッドコーチ
安齋竜三

RELATED

関連ニュース

ページトップへ