MENU

宇都宮ブレックス

UTSUNOMIYA
BREX

MENU
NEWS
HOME > ニュース > 平成25(2013)年 12月期決算に関するご報告

平成25(2013)年 12月期決算に関するご報告

2014年2月21日
株式会社リンクスポーツエンターテインメント

この度、株式会社リンクスポーツエンターテインメント(代表取締役社長:鎌田眞吾 本社:栃木県宇都宮市)の平成25(2013)年 12月期決算が確定いたしましたので以下の通りご報告いたします。

平成25年 12月期決算の概況(平成25年1月~平成25年12月)

売上高 567,101,886円
営業利益 21,796,010円
経常利益 23,090,578円
税引前当期利益 22,186,832円

平成25年度12月期決算は、「増収増益」となり、黒字決算となった。年度内の興行数が減少したことによりチケット売上やグッズ売上は減少したものの、スポンサー売上や肖像売上が増加し、また、計画していたリストラクチャリングによる、費用の削減を実現したことにより増益となった。

平成25年度12月期 売上の商品別構成比および概要

スポンサー

290.9百万円 ※昨年比104.7%  構成比51.3%

継続スポンサーの増額及び新規スポンサーの拡大により、売上増となった。

チケット

95.2百万円 ※昨年比79.4%  構成比16.8%

興行数が大幅に減少したため、売上減となった。

参考:運営試合数

平成24年度:レギュラーシーズン24試合 プレシーズンゲーム6試合 女子日本代表戦1試合
平成25年度:レギュラーシーズン18試合 プレシーズンゲーム2試合

スクール

58.5百万円 ※昨年比107.0%  構成比10.3%

指導内容の質の向上に努め、順調に生徒数が拡大したことにより売上増となった。

肖像

44.4百万円 ※昨年比184.8%  構成比7.8%

選手契約時期の早期化による、選手の広告・PR起用やイベント出演の営業機会向上を達成し、企業からの肖像利用やイベント出演の依頼が大幅に増加したため、売上増となった。

グッズ

26.6百万円 ※昨年比79.0%  構成比4.7%

チケット売上同様、興行数が大幅に減少したことによる販売機会の減少により、売上減となった。

Tシャツ製造

10.9百万円 ※構成比1.9%

他チームや企業からの受注が順調に増加した。

ファンクラブ

9.3百万円 ※昨年比77.3%  構成比1.6%

会員数(主にネイビーメンバー、イエローメンバー)の減少により、売上減となった。

その他

31.3百万円

平成25(2013)年 12月期決算記者会見

以上

ページトップへ